チャム

チャムTシャツ

メッセージを頂きました



チャムTシャツ着て下さって ありがとうございます

チャムは 幸せ者だなぁ

|

おかえり チャム!

昨日 チャムの火葬が終わり 今朝 骨が戻ってきました



チャムの為に お花を送って下さった皆さん ありがとうございました



いつもチャムと一緒にいたいから 遺骨ペンダントを買いました

その中に チャムの骨を少し入れて いつも身につけていようと思います



Chum と名前を刻印してもらいました


|

虹の橋

”虹の橋” って 知りませんでした

こういう意味があったのですね

http://somalism.net/rainbow.html


虹の橋 <第1部>

天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。
この地上にいる誰かと愛し合っていた動物は、死ぬとそこへ行くのです。
そこには草地や丘があり、彼らはみんなで走り回って遊ぶのです。
食べ物も水もたっぷりあって、お日さまは降り注ぎ、みんな暖かくて幸せなのです。

病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、
傷ついていたり不自由なからだになっていた子も、
元のからだを取り戻すのです。
まるで過ぎた日の夢のように・・・

みんな幸せで満ち足りているけれど、ひとつだけ不満があるのです。
それは自分にとっての特別な誰かさん、残してきてしまった誰かさんが
ここにいない寂しさのこと・・・。

動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。
でも、ある日・・その中の1匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。
その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに震えはじめます。

突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。
速く、それは速く、飛ぶようにあなたを見つけたのです。
あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱きあいます。
そしてもう二度と離れたりはしないのです。

幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ、
あなたの両手は愛する友を優しく愛撫します。
そしてあなたは、信頼にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。
あなたの人生から長い間失われていたけれど、
その心からは一日も消えたことのなかったその瞳を。

それからあなたたちは、一緒に「虹の橋」を渡っていくのです・・・。



虹の橋にて <第2部>


けれど、動物たちの中には、様子の違う子もいます。
打ちのめされ、飢え、苦しみ、
誰にも愛されることのなかった子たちです。
仲間たちが1匹また1匹と、それぞれの特別な誰かさんと再会し、
橋を渡っていくのを、うらやましげに眺めているのです。
この子たちには、特別な誰かさんなどいないのです。
地上にある間、そんな人は現れなかったのです。

でもある日、彼らが遊んでいると、橋へと続く道の傍らに、
誰かが立っているのに気づきます。
その人は、そこに繰り広げられる再会を、
うらやましげに眺めているのです。
生きている間、彼は動物と暮らしたことがありませんでした。
そして彼は、打ちのめされ、飢え、苦しみ、
誰にも愛されなかったのです。

ぽつんとたたずむ彼に、愛されたことのない動物が近づいていきます。
どうして彼はひとりぼっちなんだろうと、不思議に思って。

そうして、愛されたことのない者同士が近づくと、
そこに奇跡が生まれるのです。
そう、彼らは一緒になるべくして生まれたのでした。
地上では巡りあうことができなかった、
特別な誰かさんと、その愛する友として。

今ついに、この「虹の橋」のたもとで、ふたつの魂は出会い、
苦痛も悲しみも消えて、友は一緒になるのです。

彼らは共に「虹の橋」を渡って行き、二度と別れることはないのです。



雨降り地区 <第3部>

こんな風に、幸せと愛の奇跡に満ちている、「虹の橋」の入り口に、
「雨降り地区」と呼ばれる場所があります。
そこではいつもシトシト冷たい雨が降り、動物達は寒さに震え、
悲しみに打ちひしがれています。
そう、ここに降る雨は、残して来てしまった誰かさん、
特別な誰かさんの流す涙なのです。

大抵の子は半年もしないうちに、暖かい日差しの中に駆け出して、
仲間と戯れ、遊び、楽しく暮らす事ができます。
ほんの少しの寂しさと、物足りなさを感じながらも・・・。

でも、1年経っても2年経っても、ずっと「雨降り地区」から、
出て行かない子達もいるのです。

地上に残して来てしまった、特別な誰かさんがずっと悲しんでいるので、
とてもじゃないけれど、みんなと楽しく遊ぶ気になれないのです。
地上に残して来た誰かさんと同じ辛い想いをして、
同じ悲しみに凍えているのです。

死は全てを奪い去ってしまうものではありません。
同じ時を過ごし、同じ楽しみを分かち合い、愛し合った記憶は、
あなたの心から、永遠に消え去る事はないのです。
地上にいる特別な誰かさん達の、幸せと愛に満ちた想い出こそが、
「虹の橋」を創りあげているのです。

ですからどうか、別れの悲しみにだけ囚われないでください。
彼らはあなたを幸せにする為に、神様からつかわされたのです。
そして、何よりも大事な事を、伝えにやって来たのです。

命の儚さと愛しさを・・・
束の間の温もりに感じる、慈悲の心の尊さを・・・

その短い生涯の全てを以って、教えてくれるのです。
癒える事のない悲しみだけを、残しに来るのではありません。

思い出してください。
動物達が残して行ってくれた、形にも言葉にもできない様々な宝物を。

それでも悲しくなったら、目を閉じてみてください。
「虹の橋」にいる、彼らの姿が見えるはずです。

|

お別れ

朝 ペット霊堂の方がチャムを迎えに来てくれました

何歳ですか?と聞かれ 18歳ですというと 大往生ですねと言われました

そうですね

18年も一緒にいられたんですから

昨日 しっかりお別れしましたが 今朝 チャムを見ると 今にも起きてくるかのような気がしました





大好きなカニかま、カツオ、モンプチ、ボールを持たせて 最後に撫でてお別れしました

Facebookにチャムの写真をアップすると いつもたくさんの方がコメントを下さったり いいね!をたくさん押してくれました

昨日も チャムが亡くなった事をアップしたら 200以上のコメントが寄せられて チャムが皆さんに愛されていたんだと 改めて感じました

1つ1つのコメントを読むたびに涙してしまいました

皆さん ありがとうございました

|

チャムちゃん 安らかに

チャムとは18年8ヶ月一緒にいました

私は大学の時に実家を離れたので 両親や妹弟より一緒にいた時間が長かったです

人間でいうと大学生、猫年齢だと約90歳

長生きしてくれたと思います

動物病院の里親募集を見て会いに行ったのがきっかけですが あまりの顔の可愛さに この子にします!と言った時に 先生に この子は気が強いですよ〜と言われたのを覚えています

先生の言った通り チャムはホント気が強かったです(笑)

だって顔で決めましたからね

チャムがお世話になった動物病院から お花が届きました




明日 ペット霊堂の方がチャムを迎えに来てくれます

その時に チャムが好きだった物とかを持たせていいそうなので お気に入りのボールやカニかまを持たせようと思います

明日は友引なので 8日以降に火葬します

今日はリハビリなどキャンセルし チャムと一緒にいます

どんどん硬直していく身体、冷たい肉球、開かないまぶた 撫でていると今にも動き出しそうな気がします

入院前に チャムを撮った写真がコレ

待ち受けにして入院しました

まだ歩けていた頃のチャムを撮った最後の1枚になりました




|

さよなら チャム

チャムがとうとう逝ってしまいました

18歳と8ヶ月でした

この1年は腎不全で 点滴の毎日でしたが 頑張って元気でいてくれていたチャム

昨日の夜から 容態が急変し 呼吸が早くなり 舌を出して かなり危ない状態でした

今朝 動物病院のオープンと同時に駆け込みました

待合室でチャムを見ると 息をしていないように見えました

慌てて先生に チャムが死んじゃったかも…と言うと 心電図をとりますねとチャムが別室に連れて行かれました

しばらくすると 竹ヶ原さん!と呼ばれ 行ってみると チャムがグッタリ横たわっていました

心臓がとまってて マッサージしてまた動きだしたけど 今は人工呼吸器で心臓が動いてる状態だから もうじきとまってしまうと思いますと言われました

確かに心電図の波長もとても弱々しく かろうじて動いている感じでした

どうぞ 撫でてあげて下さいと言われ ずっと撫でてあげていました

そして 少しするとチャムの心臓がとまりました

涙が込み上げてきましたが ありがとうございましたとお礼を言うと お力になれず…と先生に言われ また涙が溢れました

チャムの身体をキレイにして下さるとの事で 30分待っていましたが、戻ってきたチャムは 安らかな顔をしていて まるで寝ているようでした

行きはチャムが生きていたのに 帰りは息をしていないなんて 信じられませんでした

家に着き チャムが大好きだったムートンの上に寝せてあげ 側に大好きだったボールを置いてあげました




亡くなると肉球も白くなるんですね

この18年と8ヶ月 いつも側にいてくれたチャム

母が亡くなった時も側にいてくれたし いつも私の帰りを待っててくれていました

一緒にいるのが当たり前になってましたが そうではなかったんですね

チャムには本当に感謝しています

皆さんからも可愛がって頂き(誰もチャムには会った事がありませんが) チャムの知らないところで 人気者になっていました

チャムが具合悪くなった時に 心配して下さった皆さん 本当に本当にありがとうございました





最期までずっと一緒にいられて 看取る事が出来たのは 私が今 リハビリ中で仕事をお休みしているからです

このタイミングと言うのも チャムがそうしたとしか思えません

そして私が歩けるようになって チャムが歩けなくなったのも 私の身代わりになってくれたんだと思います

だから チャムが亡くなって悲しいですが リハビリを頑張って元気に復活したいです

今日はずっと側にいたいと思います

チャムちゃん ありがとう!

大好きだよ!



|

チャム

先ほど 亡くなりました

|

急変

昨日の夜から チャムの容態が急変しました

呼吸は早く 舌を出し ヨダレも垂れ流し…

側でずっと励ましてますが とても危ない状態が続いてます


|

小康状態

お正月中でも 今日の11:00〜13:00まで 動物病院の先生が診てくれるとの事だったので チャムを連れて行きました

先週の土曜日は体重が2.6kgだったのに 今日は3.1kgでした

殆ど食べれていないのに 体重が増えるなんて…

腹水が溜まっているかもしれないそうです

明日も診てもらいます


|

少しずつ復活

今日もチャムを病院へ

土曜日のチャムの容態を見ていた先生が 頑張ってるね〜とビックリしてました

18歳と8ヶ月と聞いて 先生も凄〜い!と言うくらい 見た目は若いんですよね

人間でいうと約90歳ですから

今日もチャムはよろめきながらもトイレへ2回も行きました

もう少し食べれるようになるといいんですが…

チャムと呼ぶと ニャーって返事もしてくれるようになりました

ホント信じられないです

ちょっとでも長く一緒にいたいから 頑張ってるチャムに感謝です

| | コメント (0)

より以前の記事一覧